Healingstone-Labratory

一般社団法人Healingstone-Laboratory(ヒーリングストーン・ラボラトリー)

クリスタルハウスHauoli(ショールーム)

 

4−23-4taito-taitoku-tokyo-japan 

copyright © 2016 by Healingstone -Lab.(Asami Ito).  

All right reserved. Since 2007.4

Tel:03-5688-0787

代表理事:伊藤麻美

​理事:伊藤勝昭

<クリスタル・インテグレーション>
水晶を調和させる。
といった意味になります。
このテクニックの公開には、単に<カリキュラム>だけでは表現できない想いが有り、
少しでも共感してくださったら嬉しく、
​このページを設けました。
元々、イギリス式クリスタルヒーリングの施術や講義を行う中で、
水晶だけを使ったヒーリングも行っていました。
手軽ですし、持ち運びにも便利です。
そして、
疾患に対して水晶を使う・・・
という事は、私の中では自然の当たり前の行為になっていました。
​”頭が痛い”という友達や、”肩こりが酷い”という娘やニキビや口内炎ができた時、
良い眠りが取れない自分や、海外に飛んだ際の一晩目の疲れや浮腫みとり・・・
ペットの体調が悪い時や医者の薬に抵抗がある時・・・
当たり前の・・・というのは、
私の中で”水晶という鉱物”の物質的な信頼感が確立されていたからなんです。
例えば、〇〇を食べると元気になる!とか、〇〇を塗っておけば傷が治る!
といった・・
何時もこんな時は、こうすれば大丈夫!! 
という日常の中の当たり前の習慣のようなモノでした。
近年、科学の世界で水晶の研究が進み、
その性質は経済と文明の発展に大きく貢献し”産業の塩”と称される一方で、
日常の生活の中では
まだまだ霊感、オカルト的要素で捉えられている様に感じます。
〜〜〜〜〜〜
このテクニックは、主に自分や生徒さん、家族や友人などに行ってきたモノですが、
数年前、UAEアブダビの、見渡す限りの砂漠で、
大きな太陽が砂漠に沈み、闇に覆われていく時間の経過の中に身を置いた時、
宇宙と地球と個人が一つで有り、絶妙なリズムで連動しているのだと
体感しました。
これまでも頭や漠然とした感覚の中では、
同じ様に捉えていましたが
体の奥深い部分から心底実感したのは始めてのことでした。
地球や惑星は鉱物でできています。
そしてその元素はミネラル(鉱物)で有り私達も同じです。
砂漠は石英(水晶の元)です。
あの砂漠に身を置いていた時に感じた感覚は、
<一緒>、という繋がっていて当たり前で有り、
特別視するものでもなく自然の中で共存しているもので有り、
共存しているからこそ、今日もこうして私達は大地の上で
​生命連鎖が繰り返されているのだと理解できたのです。
医者にかかり、薬を処方されればされる程
状態が悪くなり副作用との戦いに苦しんだ過去の自分やペット
(西洋医学は別の位置で素晴しい物で必要なものと理解しています)
自然療法を受けようとすると高額で長くは続かない現実
こんなにも身近にあった水晶が理論と使い方を理解する事で
すんなりと様々なトラブルを改善に導いた事
それらの体験は
​あまりにも普通の自然の摂理だったと実感したのです。
そして、このテクニックと理論を
伝えていきたい!伝えるべき!と動き出しました。
いざ講義となると、感覚的なものを見える形にしなければなりません。
そこから東洋医学の理念や経絡の勉強を終え、
やっと形にする事ができました。
西洋医学が人間の頭脳が作り出した医学であるなら、
鉱物によるメンテナンスは、
そもそも地球と人間が共存し連動しているという、
ごく当たり前でナチュラルな行為だと感じています。
そして、
最終的に背中を押してくれたのは、
透明で美しい含有物の殆どないクリスタルポイントでした。
このポイントを紹介していただいた時に、
”今”がタイミングなんだと解ったのです。
多くの方に、このテクニックと
心身の健康の、基本的な概念を学んで頂けたら嬉しいです。
​伊藤麻美

Establishment