Healingstone-Labratory

一般社団法人Healingstone-Laboratory(ヒーリングストーン・ラボラトリー)

クリスタルハウスHauoli(ショールーム)

 

4−23-4taito-taitoku-tokyo-japan 

copyright © 2016 by Healingstone -Lab.(Asami Ito).  

All right reserved. Since 2007.4

Tel:03-5688-0787

代表理事:伊藤麻美

​理事:伊藤勝昭

ペットヒーリング・マイスター講座

主催:一般社団法人Healingstone-Laboratory

マイスター修了証書発行

ヒーリングストーンラボのペットヒーリングマイスター講座とは

当講座では,動物医やペットカウンセラーの助言、意見を参考に,日本国内でのペット環境に視点を置き、ペットの習性や感覚器官の仕組み、私達との違いを知り、環境チェック等を行いながら、

1974年に既にイギリスで確立された、具体的なPetクリスタルヒーリングスキルに基づきながら学ぶ

一般社団法人Healingstone—laboratory オリジナル講座です。

ペットに鉱物はとても良く反応します

<ペットの為のヒーリングとは>

小さくて愛らしい犬や猫を人間社会で見守りながら育てて行くには、

ストレスを与ない事や病気にさせない様に配慮して行く事が大切です

自然界では動物は病気になると、自然界の物を食べたり自然治癒力で自分を癒し治そうとします。

ペットに鉱物はとても良く反応します。

ペットの為のクリスタルヒーリングは地球の土台となる鉱物を使い、バイタルフォース(自然治癒力)を高め人間と共に健康で幸せに暮らす為のヒーリングです。

 

1974年に既にイギリスで構築された自然界の物を使った動物のヒーリングは、

猟犬やサラブレッとなどに積極的に行われていて高い効果を発揮しています。

 

クリスタルヒーリングが代替医療として認可される、

イギリス、ドイツ、オランダでは、鉱物の力を利用したヒーリングが有効だとしたデーターがあります。

 

更に近年になり、犬猫も他動物同様、分子レベルで人や物、バイブレーションを感じ取って居る事が分かってきました。

​※日本国内においては医療行為として特に認められた物では有りません。

カリキュラム・座学✖︎ヒーリングテクニック実技

座学

1:身近なペット、犬、猫の身体構造を知る

2:ペットが鉱物に良く反応する理由(ペットのメンタル体について)

3:ペットの幸せの基本定義

4:10項目ストレスチェック

5:3大ストレス要因について

6:犬、猫の感覚器官についての知識(嗅覚、聴覚、視力、味覚)

7:ヒーリングにおける鉱物性質の解説

8:ペットのチャクラと肉体、心の関係

9:安全で効果的な天然石と避けるべき天然石と事由

10:水晶に特化したヒーリング

実技、テクニック

1:バイタルフォースを活性化するグリッド(ベース、ミドル、フル)

2:具体的環境に応じたヒーリング方と対応石

3:肉体症状に対するケアーヒーリング方と対応石

​4:老犬の認知症予防と緩和テクニック、認知障害シグナル(座学)

私自身これ迄、数十年の間、

犬と共に暮らす事が当たり前の生活になっています。

​そして家族同然の愛犬を見送る事も経験しました。

ストーンクラスの受講生の多くがペットを飼っていたり、

身近な人にもペットを飼っている方が多く、

体調が悪い、環境変化で精神的に参ってるみたい、

最期を楽に見送ってあげたい・・・などと聞く度に、

鉱物を使った簡単なヒーリング方をお伝えしました。

そして多くの愛犬や、猫達ペットのお役に立つ事が出来ました。

繊細で優しく飼い主に無条件の愛を向けるペット達の為に、

この講座を心を込めて作りました。

​多くのヒーラーや飼い主さんのお役に立てる事を願っています。

 

Healingstone-Laboratory

代表:伊藤麻美

​受講詳細

★開催日:不定期、ブログ、メルマガ等で告知致します。

2019,5月5、6日・・満席御礼終了しました。

7月13日、14日(土曜日、日曜日)2日間、満席御礼終了しました。

 

​受講希望の方は

現在募集している特定開催日は御座いません。

2名様より個別開催リクエストをお送りください。

ペットヒーリングマイスター講座希望

と必ず記入しお申込ください。

詳細確認メールを必ず24時間以内にお送りいたします。

メールの届かない方は受信設定をご確認の上、

​再度お問い合わせください。

★講座日程:2日間。両日共に13時〜17時

★受講料:36,000円

★今後当講座のインストラクターの育成も視野に入れております。

​お申込等お問い合わせはコチラから